大学院生募集

私達の研究室では、ES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞の未分化性がどのような分子基盤に支えられているのか、多能性状態へのリプログラミングの分子機構を明らかにすることを目的として研究を行っています。
発生工学を用いて作製した遺伝子改変マウスを分子生物学的・病理組織学的手法で解析することにより、生体内における転写因子の機能解析を行うとともに、カニクイザルを用いた発生工学技術を駆使し、霊長類における遺伝子改変を行っています。
また、ヒト血管新生の分子基盤の解明・治療法へ貢献できるような研究成果を目指した研究を行っています。
さらに、ヒト子宮内膜症モデルカニクイザルを作出し、病態解明を目指した研究も行っています。
このような研究テーマに興味のある方、または遺伝子欠損動物やトランスジェニック動物を作ってみたいと考えている方は、是非御連絡下さい。
これまでの経験を問わず、大歓迎します。まずはメールでお問い合わせください。
ラボ見学も随時受け付けていますので,お気軽にご連絡下さい。

大学院博士課程入学資格

  • 修士課程修了または修了見込みの方、もしくは同等の経験と知識をもつと認定された方
  • 働きながら学びたいという意欲と能力を持った社会人のニーズに応えるため、社会人を受け入れています。

出願方法